| Top | Forum | OS Settings | Software Settings | Mojibake |

Non-Unicodeプログラム日本語表示 2

| No Comments | 1 TrackBack

AppLocale Utilityを使う

これは、MicrosoftがWindows XP/Windows Server 2003用に出しているソフトで、Unicodeに対応していないソフトの文字コードを変換するソフトです。
変換したい文字コードをソフト毎(Ex.Unicodeに対応していない日本語・中国語・韓国語・・・・といった具合)に設定できとても便利です。

Special thanks to いなさん : AppLocale Utilityは、 いなさん からPC Q&A Forumの方へ情報戴きました。 

インストールおよび設定方法は以下の通りです。
 

 

♣  AppLocale Utilityの設定方法
 
この作業によって、英語版XPで日本語のShift-JISコードが扱えるようになります。
 
事前準備:ここから、インストールを行ってください。

◆ 設定方法
 
1. XP にログオンします。
  Professional Editionの場合は、Administrator権限のユーザでログオンしてください。
 
  
2. ”Start"-”All Programs"-"AppLocale" をクリックします。

 
3. "Launch an application"にアプリケーション名を設定します。

 
4. Language of the applicationで 日本語を選択します。

5. ショートカットを作成したい場合は、ここにチェックを入れます。

以上で設定完了です。
 
これによって、例えばYahoo Messenge日本語版がこんなふうに

  また、Outlookで文字化けしていた件名がこんなふうに   
  直ります。

 
 

1 TrackBack

TrackBack URL: http://nihongopc.us/cgi/mt/mt-tb.cgi/137

英語版Windows XPの日本語化 Advancedでも述べたように、Windows XPの文字コードにはUnicode(ユニコード)というのが使われており、それ以前のOS(Windows 98/Meなど)とは別の、新しい文字コードが採用されています。 日本語表示 中国語表示 フランス語表示 ↓ ↑OK!↓ ↑OK!↓ ↑OK! 英語版 Windows XP [Unicode]英語  表示↓&nbs... Read More

Leave a comment

Pages

OpenID accepted here Learn more about OpenID
Powered by Movable Type 4.23-en

About this Entry

This page contains a single entry by WebMaster published on February 12, 2007 4:00 PM.

Non-Unicodeプログラム日本語表示 1 was the previous entry in this blog.

Non-Unicodeプログラム日本語表示 3 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.