| Top | Forum | OS Settings | Software Settings | Mojibake |

OLPC: 日本語化2

| No Comments | No TrackBacks

前回、OLPC: 日本語化1では、OLPCで日本語入力を起動するには、 ロケールの設定 が必要で、その設定方法には次の3種類あることをお話しました。

1. Sugar-control-panelから変更
2. 環境変数の、LANGで変更
3. 環境変数の LC_CTYPEで変更

この設定、いずれかを行えば日本語入力システム(SCIM)が起動するのですが、他への影響が多少異なります。  今回はその違いについて。
 
 
 


1. Sugar-control-panelから変更
ロケールの変更は、OLPCのコントロールパネル、 sugar-control-panel を使って変更することができます。

#sugar-control-panel -s language Japanese

この設定を行うと、ロケールの設定、LC_CTYPE,LC_MESSAGES,LC_TIMEなど全ての設定が(上記の設定の場合)日本語用になります。  例えば、Terminalを表示すると、日付も日本語表示、バックスラッシュも円表示になります。

この設定で不具合が生じた場合は、同様に

sugar-control-panel -s language English/USA

で、英語の設定に戻すこともできます。

 

2. 環境変数の、LANGで変更
日本語入力システム(SCIM)の設定では、.xsession ファイルに環境変数を設定しましたが、ここに

LANG=”ja_JP.UTF-8"

を追加することもできます。 これでOLPCが起動したときのロケールの設定は上記の1.の設定同様、すべて日本語用になります。  が、この設定を行ってしまうと、他の言語に切り替えるときに、Sugar-control-panelを使って切り替えることができません
他の言語に切り替えたい場合は、毎回この環境変数を変更する必要があります。

 

3. 環境変数の LC_CTYPEで変更
英語版Windows XP/Vista, Mac OS Xを日本語化して使ってきたNihongo PCとしては、日本語入力は常に利用したいけれども、日付、通貨などの設定変更は、必要に応じて行いたいわけで^^;、上記2つの設定では、やや使いづらい・・・・(特に、Terminalの日付が日本式になり、かつ、バックスラッシュが円表示は・・・・)と試行錯誤していました。
結果、Tamichanさんにアドバイス戴き、環境変数の中で LC_CTYPE だけを変更することに。

LC_CTYPE=”ja_JP.UTF-8"

これで一応、上記の問題は解決しました。
ただし、Linuxのロケールに関する情報を見てみると、 LocaleやLANGで設定しましょう というお薦めがあるので^^;、この設定は、弊サイト的なこだわりを持つ方向けかもしれません。 一般的な日本語環境は、1.のSugar-control-panelから設定するのが、理想かと思います。

このへんは、使い方に応じて設定方法選んでみてください。

 

最後に。
日本語化とは少し関係ありませんが、OLPCの初期設定はタイムゾーンが東海岸の設定になっています。
ここでは、やはり西海岸に変更。 タイムゾーンの設定もやはり Sugar-control-panelから行います。

 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://nihongopc.us/cgi/mt/mt-tb.cgi/283

Leave a comment

Pages

OpenID accepted here Learn more about OpenID
Powered by Movable Type 4.23-en

About this Entry

This page contains a single entry by WebMaster published on January 13, 2008 9:15 PM.

OLPC: 日本語化1 was the previous entry in this blog.

Macworld 2008 Steve Jobs Keynote is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.