| Top | Forum | OS Settings | Software Settings | Mojibake |

Encodeを間違えたときの処理 by Browser 2

| No Comments | No TrackBacks

Encodeを間違えたときの処理 by Browserのエントリーで、 韓国語サイトの日本語ページがIEとFirefoxでは日本語で表示されるのに、他のブラウザでは韓国語で表示される トラブルの原因は、エンコードShift-JISを指定しているのに、違うファイル形式で保存したからでは?と、推測したのですが、原因はHTTPヘッダーで指定されているエンコードと違うことのようです。

そうか、そうかHTTPヘッダー情報にもエンコードの情報があった、と思い出だし該当のサイトのHTTPヘッダー情報みてみたら、

HTTP/1.1 200 OK
Connection: close
Date: Tue, 17 Mar 2009 22:25:50 GMT
Server: Apache
Content-Type: text/html; charset=euc_kr
Content-Type: text/html; charset=shift-JIS
Client-Date: Tue, 17 Mar 2009 22:26:13
GMT Client-Peer: 210.115.150.12:80
Client-Response-Num: 1
Client-Transfer-Encoding:
chunked Link: ; rel="stylesheet";
type="text/css" Title: donga.com[Japanese donga]

と、これは確かにブラウザ混乱しそう^^;です。

因みにHTTPヘッダーの調べ方ですが、

FirefoxにはHTTPヘッダーを調べるLive HTTP HeaderというAdd-onが出ています。
HTTPサーバーを運営されているような方には便利なAdd-onだと思いますが、今回の内容のように、ちょっと見てみたい位のときには、下記のようなツールが便利です。


HTTPヘッダ情報解析ツール


これは、SEO 検索エンジン最適化さんのサイトからお借りしました。

 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://nihongopc.us/cgi/mt/mt-tb.cgi/551

Leave a comment

Pages

OpenID accepted here Learn more about OpenID
Powered by Movable Type 4.23-en

About this Entry

This page contains a single entry by WebMaster published on March 17, 2009 3:50 PM.

Encodeを間違えたときの処理 by Browser was the previous entry in this blog.

Motion for Movable Type is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.